石鉢 加一

より良い物づくり・面白い物づくりのため!

施工管理 石鉢 加一KAICHI ISHINOHACHI

2014年入社
所属:東北工務部
取得資格:1級土木施工管理技士
工業大学工学部卒業。2014年橋本組入社 東北南三陸事務所配属。 2019年現在 宮城県南三陸町にて復興事業の現場を担当。県発注や町発注の現場を担当しています。震災の傷跡が色濃く残る被災地にて今までの現場経験を活かし、より早い復興のため、またより良い街づくりのため震災復興に取り組んでいます。

質問1あなたの仕事内容を教えてください

工事を進めるにあたっての、施工計画・工程管理・品質管理・写真管理その他管理全般を行っています。主に公共工事と民間工事に分かれており、今は公共工事を担当しています。
土木工事は非常に大きなプロジェクトになることが多いため、複数の「専門工事業者」が関わることがしばしばあります。そのような各専門業者さん達を束ね、現場で指示を出したり調整したり資材を調達するのが現場での仕事です。
また、建設会社が手がけていく「街づくり」は、結果的に、多くの人々の暮らしを支えることにつながります。お客様が求める品質を確保し、利用者が実際に利用した時に、使いやすいか・不具合はないかを頭に置き、設計を考え現場を進めていきます。

 

質問2仕事で必要なスキルはありますか?

現場では経験と知識が大事になってきます。
今まで現場で積み重ねてきた経験からいかに学ぶか。解らないことは人に聞いて自分の知識とすることができるか。その経験と知識を現場で応用できるかが重要です。
現場管理では、自分の現場に関わる全てのことを、把握・理解しなければなりません。
そのために建設業に関する知識全般が必要になります。
また、建築業の仕事は、工事の依頼主や会社の従業員はもちろん、現場の作業員や役所関係者、近隣住民など多くの人と関わる仕事です。工事を予定通りに進めるためには、これらの人々とコミュニケーションを円滑にとり、良好な関係を築く能力はとても重要になります。

質問3どういった時に仕事のやりがいを感じますか?

やりがいは工事を進めるにつれて段階的に感じます。
発注者と打合せを重ね、図面の製作や設計が完了した時。
工事の中でも、複雑で難易度が高い部分やメインとなる構造物が形となった時。
構造物が完成し、足場をすべて解体して構造物の全貌が見えたとき。
自分で試行錯誤し、造った構造物がきれいに完成した時。
最後に工事に関わった人たちと笑顔で工事完成のお礼の挨拶をできた時です。
お客様から『次もお願いします』と言われ次の仕事へ繋げることができたとき、最もやりがいを感じます。
また自分が造った構造物が地図に記録され、後世にまで残っていく。そして、せっかくものを作るなら大きなものを作りたい。まさしく「ものづくり」の醍醐味を存分に味わえる仕事です。
これは私が建設業界で働きたいと思った志望動機でもあります。

質問4今後の目標、将来の夢は?

仕事に負けないための仕事ができるように、仕事の合理化とスピードアップを追及する。仕事の量と忙しさに負けては、良いパフォーマンスを発揮することは難しくなってしまいます。自分の時間を確保しリフレッシュすることも大事です。そのためにも自分の仕事のスキルの向上・チームプレイを発揮するためのコミケーション・自分のメンタル面の管理を大事にしていきたいです。
また建設業でも新しいテクノロジーや技術が取り入れられIT化も進んでいます。特にこれからの超少子高齢化に向けて、建設業に求められることや仕事のスタイルも変化していくと思います。その変化にどう対応していくか。そのために自分の持っている技術も時代遅れとならないよう、新しいことに挑戦していきたいです。

質問5学生の皆さんへ一言

建設業は『つらい、きつい』というイメージがあると思います。確かに大変なことは多いと思います。
しかし、それ以上の楽しみと感動もあります。構造物が出来上がっていく高揚感と、出来上がった時の達成感は本当に大きいと感じます。
みなさんも我々と一緒に物づくりの感動を実感し、現場で仕事してみませんか!

 

1日のスケジュール

8:00 現場で朝礼
8:15 現場にて指示・打合せ
安全巡視
測量・工事状況の写真撮影
12:00 現場事務所にて昼食・たまに外食
13:00 基本的には午前中と同じですが、業者間との打合せや、発注者との打合せもあります。時には現場で作業をする時もあります。
現場作業の合間をみて、書類や図面作成・工事写真整理を行います。
私が就職したばかりのときは、パソコンによる図面作成ではなく、手書き図面だったため、非常に手間がかかりました。写真整理も同じで印刷した写真をアルバムに挟んでいたので大変だったのを覚えています。
17:00 業務終了

オフの過ごし方

休日は美味しいものを食べて、気持ちをリフレッシュして英気を養っています。
私も妻も車と外出が好きなので、休みの日は午前中からドライブついでに必ずどこかに出かけます。ご飯を食べに行ったり、その時期だけの自然の景色を見に行ったり、面白い店がないか町を散策に行ったりです。早く出かけた分、早めに帰宅して、家で映画を見てゆっくりしたり、近所を散歩することも多いです。